スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご意見ありがとうございます

■林雄司さま■

『サクサクわかる経済の仕組み』

サクサクわかる世界経済の仕組み (メディアファクトリー新書)サクサクわかる世界経済の仕組み (メディアファクトリー新書)
(2011/08/29)
青木裕司、片山まさゆき 他

商品詳細を見る


「サクサクわかる世界経済の仕組み」を読んだ。同じ著者の前作「サクサクわか
る現代史」ではイギリスが世界の混乱の元凶だったが、今回はアメリカが原因で
あることがわかった(そんな単純な読解でいいのだろうか)。
アメリカは戦争で国内設備が壊れなかったから1980年代に1930~40年の設備で生
産していたのが赤字の一因と書いてあってなるほどと思った。
経済の話をそういう具体的なところにリンクして説明されるとすっきりする。

最近ネットで見かけた「製造業は新入社員の仕事」という文章を読んで納得して
いたのだけど、
http://d.hatena.ne.jp/mizuiro_ahiru/20110914/p1
(かいつまむと製造業は新興国の産業であって、日本は製造業にこだわるべきで
はないという話)
この本を読むと結局製造業で盛り上がっている国が世界経済の中心になっている
のではないかと思う。
1950年代のアメリカしかり、いまの中国しかり。

どこの会社でも古くからある製造業だけではだめだから新規事業(ソフト産業的
な)を興して新たな柱に!なんてはりきってみたものの新規事業が大コケという
パターンがある。製造業のあとの産業がどうも盛り上がらないのは国レベルでも
一緒なのかもしれない。

なんて人ごとのように書いてみたものの、僕は社会人になってずっと新規事業を
担当しています。焦るわー。


(ご寄稿)
スポンサーサイト

ご意見ありがとうございます

■佐野衛さま■

『サクサクわかる世界経済の仕組み』

サクサクわかる世界経済の仕組み (メディアファクトリー新書)サクサクわかる世界経済の仕組み (メディアファクトリー新書)
(2011/08/29)
青木裕司、片山まさゆき 他

商品詳細を見る



 最近の世界経済はどこでも危機に瀕している。
実体経済からの乖離を始めた金融経済の台頭は、カジノ資本主義といわれて久しい。
情報システムの進化によって世界の金融の動きは激しさをましている。
「サクサクわかる世界経済の仕組み」にはその経過がわかりやすく書かれている。
富の集中化(金融経済)と失業率の高止まり(実体経済)に対する
ウォールストーリトデモによる抗議はこれからも世界規模に発展しそうな気配を見せている。
その意味でこの本は必読書といっていいだろう。こうした情況を招いた経過がよく理解できるからである。

ただ「仕組み」というと「法則」や「原理」のイメージになってしまうが
ここでは、このように「仕組んできた」という歴史性のほうが強い。
その意味ではこれからどうしてゆくのか、
この本から新たな「仕組み」が発想されれば、革新的な経済政策が生まれてくれるだろう。

(ご寄稿)

ご意見ありがとうございます

■山形浩生さん■

■[メディアファクトリー]青木&片山『サクサクわかる世界経済の仕組み』:これでわかるとは思えないなあ。

サクサクわかる世界経済の仕組み (メディアファクトリー新書)サクサクわかる世界経済の仕組み (メディアファクトリー新書)
(2011/08/29)
青木裕司、片山まさゆき 他

商品詳細を見る

世界史の経済的な話題をなぞる形で世界経済の仕組みを説明したつもりの本なんだが、そのまま暗記すればいい受験生ならともかく、これで何かがわかるとは思えないなあ。まあ「リーマンショック」とか「ブレトンウッズ」とかいう言葉だけちょっと使って知ったかぶりしたい人にはいいんじゃない?


(出典:ブログ「山形浩生の『経済のトリセツ』」2011年9月12日)
プロフィール

ご意見番係

Author:ご意見番係
「この方にウチの新書を読んでほしい!」「お叱りでもいい、感想が聞きたい!」と新書編集部が勝手にお願いし、ご意見番就任を快諾してくださった方々です。(お名前は50音順)

■石原壮一郎(コラムニスト。「朝日新聞be」で「職場の理不尽Q&A」連載中)
■榎本 秋(著述業。日本史や中国史、ライトノベルについての執筆を行う)
■岡崎武志(古本ライター)
■北尾トロ(フリーライター。『季刊レポ』編集発行人。「杉並北尾堂」店主)
■小飼弾(ブロガー。書評を中心とするブログは月間100万PVを誇る)
■佐野衛(コラムニスト。元東京堂書店本店店長。本に関する講演会等で活躍中)
■白川浩介(「オリオン書房」書店員)
■白木賢太郎(筑波大学准教授。タンパク質学者。イシス編集学校で師範代を務める)
■田中貴子(甲南大学文学部教授)
■ちきりん(ブロガー)
■永江朗(フリーライター。早稲田大学文学学術院教授。著書は『本の現場』等多数)
■花本武(『ブックス・ルーエ』書店員)
■林雄司(『webやぎの目』『デイリーポータルZ』webマスター。執筆とイラストも)
■日沖桜皮(「桜風舎」社長・作家)
■舟木幹男(「紀伊国屋」書店員)
■古田雄介(フリーライター)
■森山和道(サイエンスライター。科学技術分野全般を対象に取材執筆)
■山形浩生(翻訳者)
■山口浩(駒澤大学准教授。専門はファイナンスと経営学)
■横山ケンスケ(東京カルチャーカルチャー店長。これまで2000本以上のイベントを実施)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。